1. エレクトロニクス分野をサポートする製造メーカー サンハヤト株式会社TOP
  2. "課題"解決例
  3. RB-5 リードベンダー の使い方(動画&写真)

RB-5 リードベンダーの使い方(動画&写真)

リードベンダー(RB-5)はリード部品の簡易折り曲げ器です。

●抵抗やダイオードなどアキシャル部品のリード線をワンタッチで直角に折り曲げられる便利なツールです。
●TO-92タイプのトランジスターのリード線を2.54mmピッチに折り曲げることもできます。
●基板から浮かせて取り付けられるようにフォーミング加工もできます。

 

といったことができます。


リードベンダー(RB-5)はブレッドボードやユニバーサル基板で部品をきれいに使う時にはとても便利なアイテムです。

ですが、一見して使い方がわかりにくい部分もあるので、以下の使い方の解説を見て「使ってみようかな?」という気持ちを盛り上げていただけるといいなーと、説明&解説をまとめてみました。


-------------------------
■使い方動画(Youtube)


-------------------------

■使い方説明書(PDF) リードベンダー(RB-5)の使い方.pdf
-------------------------

 リードベンダーはリード部品の簡易折り曲げ器です。

●抵抗やダイオードなどアキシャル部品のリード線をワンタッチで直角に折り曲げられる便利なツールです。
●TO-92 タイプのトランジスターのリード線を2.54mm ピッチに折り曲げることもできます。
●基板から浮かせて取り付けられるようにフォーミング加工もできます。

   
   



----------------------------------

■各部の名称


-----------------------------

■使い方1:リード線の折り曲げ

□横方向の曲げ方
①部品を曲げたい幅のミゾにセットします。

②指で部品のリード線を折り曲げます。

③曲げた部品が直角になったら完成!

□縦方向の曲げ方

縦方向の折り曲げ加工用の突起(幅=2.54mm)を使用します。

①部品のリード線を曲げたい位置で突起に押し当てるように固定します。

②リード線を突起部分に沿うように指で折り曲げます。

③リード線が並行になるまで折り曲げたら完成!

折り曲げ完成です。 ユニバーサル基板(2.54mmピッチ)にすっぽり入るようになりました。


-------------------------

■使い方2:リード線のフォーミング加工

部品を基板から浮かせて実装したいときはフォーミング加工用エリアを使います。

□フォーミング加工 外向き
①折り曲げ加工済みの部品を幅が一致するミゾにセットします。
※上記では10mm幅の部品を使用

②「フォーミング加工棒」を穴に挿しこみ穴が広くなっている側へ部品のリード線を押し広げます。
※上記は外側へ押し広げています

③両側を加工できたら完成!

出来上がり!


 □フォーミング加工 内向き
①折り曲げ加工済みの部品を幅が一致するミゾにセットします。
※上記では15mm幅の部品を使用

②「フォーミング加工棒」を穴に挿しこみ穴が広くなっている側へ部品のリード線を押し広げます。
※上記は内側へ押し広げています

③両側を加工できたら完成!

出来上がり!


フォーミング加工した抵抗をユニバーサル基板に取り付けた様子。
※加工前→加工後で、押し広げた向きによってピッチが1段大きく/小さくなっていることにご注意ください。

-------------------------

■使い方3:TO-92タイプのトランジスタの折り曲げ

3端子のトランジスタの脚(リード線)を一定の高さで均一に広げることができます。
①トランジスタをセットします。

②指でリード線を少し広げます。

③「フォーミング加工棒」で穴に沿うように両端のリード線を押し曲げます。

完成!


フォーミング加工したトランジスタをユニバーサル基板に取り付けた様子。


以上です。

リードベンダー使ってみようかな? と思っていただけたでしょうか?

製品詳細ページはこちらから

お電話でのお問い合わせ

03-3984-7791

まずはお気軽にお問い合わせください

問合せはこちらから/Contact

よくあるご質問はこちら