1. エレクトロニクス分野をサポートする製造メーカー サンハヤト株式会社TOP
  2. "課題"解決例
  3. LEDチェッカー

LEDを挟むだけで簡単にチェックできる「LED点灯チェッカー」

課題:LEDの導通チェックや極性の確認を簡単にしたい...

  • 実装後にLEDの導通チェックをしたい...
  • テスターを持ってきて導通チェックをしているが大変...
  • バラバラになってしまって極性が分からなくなってしまった...
  • リードをカットしてしまった砲弾型LEDの極性を確認したい...
  • ブレッドボードに挿入したLEDの確認がしたい...

その課題を「LED点灯チェッカー」で解決!

    • 実装済みLEDの検査も挟むだけでできます。
    • バラバラになってしまったチップLEDの極性確認も挟むだけでできます。
    • リードカットしてしまった砲弾型LEDも確認できます。
    • ブレッドボードの挿入したLEDもLED点灯チェッカーの先端を挿入して確認できます。

LED点灯チェッカー LC-LED1

・ピンセットでつまむように対象を挟むことで、簡単にLEDの導通チェックや極性の確認ができます。
・電池駆動(CR1632×2個)ながら長時間使用できるので、製造ラインなどでも使用できます。
・動作電圧:DC6V、LEDに流れる電流:約1mA、確認可能なLED:順方向電圧(VF)が4.0V以下
・先端を短絡しても、保護回路により安全に使用できます。(流れる電流は最大約1mAで制限)
・先端の+側にはシルクで印がつけてあるのでLEDの極性が簡単にわかります。
・逆接続に関してはLEDの仕様により故障する可能性がある為、LEDの仕様書をご確認ください。

※電池は付属しておりません。別途お買い求めください。

LC-LED1の使い方!

砲弾型LEDの導通、極性チェック

 LEDのリードに印を付ける前にリードをカットしてしまい、極性がわからない時などに「LED点灯チェッカー」を使用すると挟むだけで極性チェックや導通チェックが出来ます。
先端の+側にはシルクで印がつけてあるのでLEDの極性が簡単にわかります。

 

ブレッドボードに挿入したLEDの確認

ブレッドボードに挿入したLEDを外すことなくLEDチェッカーを挿入して極性、導通チェックができます。
※ブレッドボードに使用する際は、先端コンタクトを垂直に挿入してご使用ください。

 

チップLEDの極性確認

 バラバラになってしまったり、リールからこぼれてしまったチップLEDをつまむだけで簡単に極性チェックができます。

 

LC-LED1の商品リンク

 

【WEBショップのご案内】
お急ぎの方はAmazonでも購入可能です。
(Amazon公式サイトへ移動します。)

お電話でのお問い合わせ

03-3984-7791

まずはお気軽にお問い合わせください

問合せはこちらから/Contact

よくあるご質問はこちら