1. エレクトロニクス分野をサポートする製造メーカー サンハヤト株式会社TOP
  2. サンハヤトとは
  3. 開発秘話_接点復活剤

開発秘話・・・・接点復活剤

サンプル

製品開発力

製品開発力

サンハヤトの原点・大ヒットした「接点復活剤」

今や商品名としてはあまりにも一般的な「接点復活剤」。
その「接点復活剤」という商品を日本で初めて開発し、販売したのがサンハヤトです。
(当社調べ)

ロータリースイッチの修理がきっかけ

サンプル

創業者である前田清近は終戦後、コンデンサーメーカー勤務を経て、テレビ修理を主に行う事業を展開しておりました。
当時のテレビ受像機のチャンネルは、機械式のロータリースイッチを回して切り替えるものであり、受け付ける修理依頼の80%以上はこのロータリースイッチの接触不良が原因でした。来る日も来る日もロータリースイッチの修理に明け暮れていた前田はふと「このスイッチの修理に苦労しているのは自分だけじゃない。テレビメーカーのサービスマンや、街の電気屋さんも、とても苦労しているはずだ。もっと簡単に修理できる方法はないのか」と思い立ち、コンデンサーメーカー勤務時代の知識と、ある大学教授の協力を得て、化学で接触不良を改善する方法を開発しました。

接点復活剤「ポリコール」の誕生

サンプル

製品を開発した前田は、当初抱いていた「サービスマンの苦労を軽減する」という思いを実現するため、まずはテレビのロータリーチャンネルのメンテナンス用として、接点復活剤の第一号「ポリコール」を誕生させました。当時のテレビメーカー(現在日本を代表する家電メーカーです)数社に製品紹介を行ったところ、そのうちのほとんどのメーカーに採用され、ロータリースイッチの修理は飛躍的に時間が短縮ました。この大規模な採用がきっかけとなり「接点復活剤」という名称もポピュラーとなりました。その後、絶えず性能向上や環境対応化を進め、今日の製品に至っております。 サンハヤト製品の原点である「接点復活剤」は、サンハヤトの精神である「物作りの原点に立ち、常に人に役立つ商品作りを目指す」の原点でもあるのです。

更なる進化→Newポリコールキング

サンプル

創業者 前田清近が抱いた理念は、サンハヤトに脈々と活き続け、更に更に「人に役立つ商品」を目指し、進化を続けています。
ロータリースイッチの接触不良を解消することを目的としていましたが、最新の「Newポリコールキング」は、接触不良を起こりにくくする機能を加え、好評を得ています。
また、工業用途を主としていた商品群に、新たに一般ユーザーも受け入れやすいパッケージと大きさで、スマートフォンやタブレットなどの接触不良を解消する製品としてラインナップを拡充しました。

ブラウン管テレビが姿を消した時代でも、「接触不良」があるかぎり、ポリコールキングは進化し続けて行きます。

お電話でのお問い合わせ

03-3984-7791

まずはお気軽にお問い合わせください

問合せはこちらから/Contact

よくあるご質問はこちら