USB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112A

Home > 教育実習・電子工作製品 > ICモジュール > USB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112A
製品検索
USB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112AUSB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112AUSB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112AUSB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112AUSB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112A
  • USB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112A
  • USB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112A
  • USB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112A
  • USB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112A
  • USB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112A

ICモジュール

HID USB to SMBus Master Bridge

USB・I2C(SMBus)変換モジュール MM-CP2112A

RoHS対応
品番 MM-CP2112A
税抜価格 ¥1,700
用途 教育・電子工作,試作・評価

製品説明

USB⇔I2C変換チップCP2112(Silicon Laboratories社 Single-Chip HID USB to SMBus Master Bridg)を電子工作等で使用しやすいパッケージに変換したモジュールです。

※本製品はMM-CP2112のリニューアル版です。

製品特長

■MM-CP2112の改良バージョンです。
→ジャンパー設定を改良し、I2Cバスプルアップ電圧とI/O電圧を個別に設定できるようになりました。

■マイコンのプログラミング不要でI2C接続のセンサーやGPIO(8ピン)をPCアプリケーションから直接制御できます。
■ブレッドボードで便利な600mil幅DIP形状
■USBポートはESD保護、電源保護回路入り。
■標準HIDデバイスなので専用ドライバが不要です。(Windows, Mac OS, Linuxで使用可能)
■I2Cバスプルアップ電圧(+V)、ロジック電圧(VIO)は3V3(3.45V)/外部入力をパターンカット・ショートのジャンパーで設定できます。(デフォルトは"+V=VIO""VIO=3V3)

PCアプリケーションはVisual Studioなどで開発できます。(Windowsの場合)

使用例

主な仕様

変換ICCP2112(Silicon Laboratories製)
USBMicro USB ABタイプ
電源USB供給(5V)
寸法17.78×40.64mm + USBコネクタ

開発用情報

■開発用パッケージ(SDK、データシート、アプリケーションノート)
Silicon Laboratories社ページより入手してください。
インターフェースソフトウェア|Silicon Labs

アプリケーション開発用のAPI仕様はアプリケーションノートAN496(CP2112 HID USB - SMBus API 仕様)を参照してください。


【お知らせ】
現在のSDKにはC言語またはC++用のヘッダーファイル(SLABCP2112.h)しか含まれていません。(2016/9/6時点)

※以前はSLABCP2112.bas/.cs/.h/.vbの4種が有りました。

同社コミュニティページにて旧バージョンのファイルが公開されていましたので、VBやVBA環境でご使用になる方はこちらのファイルをダウンロードしてください。
Cant find SLABCP2112.cs - Silicon Labs Community
※ダウンロードしたファイルは*.zipにリネーム後、展開してください。



■サンプルプログラム(サンハヤト)
気圧センサーモジュールMM-TXS03(LPS331AP STMicroelectronics製)との接続サンプル。(zipファイル)

Visual Studio(Microsoft)にてC#で作成した気圧・温度モニタ+LED・スイッチ制御のアプリです。Windows7で動作します。
→アプリ画面(スクリーンショット)
→接続図

zipファイルを展開し、Visual StudioをインストールしたPCにて中のSample_MMCP2112_MMTXS03.slnを起動するとプロジェクトが開きます。
アプリのみ動作させたい場合は"\bin\Release"内のSample_MMCP2112_MMTXS03.exeを起動してください。

※Visual StudioはMicrosoft社HPより無償評価版などを入手することができます。




■CP2112手動制御用アプリケーション(Silicon Laboratories社)
CP2112の各APIで設定・制御できるアプリケーションです。手動でI2C(SMBus)通信やGPIOの設定・制御が行えます。
→アプリ画面( スクリーンショット1 スクリーンショット2 スクリーンショット3 スクリーンショット4

下記リンクの"Silicon Laboratories社CP2112製品ページ>ツール>ソフトウェア"から各OS用のソフトウェアパッケージを入手してインストールしてください。
インターフェースソフトウェア|Silicon Labs

I2C(SMBus)通信でReadを行う時は必ず
・ConfigurationのメニューでAutomatically send read responseを無効にする。
・Data Transferのメニューで、
[Read Request]or[Address Read Request]→[Force Read Response]→[Get Read Response]
と操作してください。(後述の不具合のため)




■CP2112アプリケーション開発用SDK
下記リンクの"Silicon Laboratories社CP2112製品ページ>ツール>ソフトウェア"から入手できるソフトウェアパッケージに各OS用のSDKが含まれています。(dll,libファイルと各言語用のヘッダーファイル(*.vb, *.h, *.cs, *.basなど))
インターフェースソフトウェア|Silicon Labs

DLLはアプリケーションの実行ファイル(*.exe)と同じディレクトリに
・SLABHIDDevice.dll
・SLABHIDtoSMBus.dll
を保存することで使用できます。(Visual Studio等の開発環境では\bin\Debagと\bin\Relaseに保管するなど)




■CP2112のアプリケーション開発時の注意
Auto read response設定には不具合があります。(2015/8/20時点)

HidSmbus_SetSmbusConfig()にてautoReadResponseを有効(1)に設定した際、不定なデータまたはデータが読み出せない場合があります。

データを読み出す際は、autoReadResponseを無効(0)に設定し、全てのアドレスリードリクエストの後にForce Read Responseを開始してください。手順は以下のようになります。

HidSmbus_AddressReadRequest()
HidSmbus_ForceReadResponse()
HidSmbus_GetReadResponse()

詳しくはSilicon Laboratories社コミュニティ情報をご確認ください。
CP2112 returns incorrect data after an Address Read Request (HidSmbus_AddressReadRequest()) | Silicon Labs Community
※今後修正される可能性もありますので、ご使用の際はご確認ください。

  • 製品に関するお問い合わせ・お見積りなどお気軽にお問い合わせください
    • 03-3984-7791
    • 受付時間 平日9:00~17:00
  • CONTACT