電子工作ブログ

HOME > サンハヤト電子工作ブログ > レベル変換機能モジュールMM-TXSシリーズの紹介(レベル変換、SDカード)
2015/07/31

レベル変換機能モジュールMM-TXSシリーズの紹介(レベル変換、SDカード)

今回はレベル変換機能モジュール(MM-TXSシリーズ)の紹介です。

 

年々電子デバイスの動作電圧が下がって電子工作やプロトタイピングで5Vや3.3V、1.8Vなんかが混在することが増えてきました。

例えば「マイコンは5V、
センサーが3.3V」というパターンがありがちで、5V⇔3.3Vを直結ではデバイスが壊れる心配もあるので接続方法を結構悩んだりと、回路内で異なるロジック電圧のデバイスが混在したときの悩みは尽きません。

このような問題の解決方法のひとつに「電圧レベル・シフタ」と呼ばれるロジック電圧の差を吸収する機能ICを使う方法があります。

 

サンハヤトではロジック電圧の差を吸収するTI社の2電源8bit双方向 電圧レベル・シフタIC"TXS0108E"を2.54mmピッチに変換したモジュールを製品があり、今回はその紹介です。

 

●MM-TXS01(TXS0108E搭載、ロジックレベル変換モジュール)

→製品ページ(ロジックレベル変換モジュール MM-TXS01)

 

形状は600mil幅のDIP形状(20pin)です。(製品にピンは付属していません)
blog_mmtxs_1_pic1.JPG

 

 

使い方は以下のようにVccA≦VccBとなるよう動作電圧の異なるデバイス間に挿入するだけです。
(VccA=1.2~3.6V、VccB=1.65~5.5V)
blog_mmtxs_1_fig1.png

blog_mmtxs_1_fig2.png 

 

 

実際にArduino(5V)とSDカード(3.3V)を接続してみました。
blog_mmtxs_1_pic2.JPG 

回路図(ArduinoのSDカードライブラリのサンプルに合わせています)
blog_mmtxs_1_fig3.png

 

SDカードはよく使いたくなるアイテムかなということで、「レベル変換+電源(3.3V)+SDカードソケット」をまとめたモジュール製品をMM-TXS02として用意しています。

 ↓

 

●MM-TXS02(ロジックレベル変換付きマイクロSDカードソケット)

→製品ページ(マイクロSDカードソケットモジュール MM-TXS02)

 

5V→3.3V(SDカード用)の電源ICも搭載しています。
blog_mmtxs_1_pic3.JPG

blog_mmtxs_1_fig4.png

 

Arduinoで使うとこんな感じです。
blog_mmtxs_1_pic4.JPG

 

実体配線
blog_mmtxs_1_fig5.png

 

SDカードはセンサーと組み合わせてArduinoでログを取るような用途がおすすめです。
(電子百葉箱なんかよさそうです)

 

 

また、MM-TXSシリーズは下記のロジックレベル変換IC付きセンサーモジュールも用意しています。

 

 

これらについては後日新しい記事で紹介を予定しています。

 

2015/08/11  「レベル変換機能モジュールMM-TXSシリーズの紹介その2(気圧、加速度+ジャイロ、地磁気)」 公開しました。

 

以上です。